2017-03-31

【講座】マインドフルネスとは

4月におこなう講座です。

「マインドフルネスとは」

マインドフルネスとは、「今この瞬間」の自分の心や身体に注意を向けて、現実にあるがままに気づくことです。まずは体験からはじめてみませんか。


場所

朝日カルチャーセンター:湘南教室

日程
2017年 4/8, 4/22 土曜 
18:30-20:00  2回

どなたでも参加していただけます。

お問い合わせ先は⇒こちらです。(※終了しました)


Sabbe sattā bhavantu sukhitattā



2017-03-19

『Patipada』誌4月号

『Patipada』誌4月号:翻訳
K.スリ・ダンマーナンダ長老 法話
善い行為で過去の悪い行為を乗り越える

***

『Patipada』誌4月号:根本仏教講義
 A. スマナサーラ長老法話
七つの財宝とは


2017-03-07

マインドフルネス”子育てとは?

azmix




Google社の研修でも採用され、関連書籍も多数出版されている”マインドフルネス”。ビジネス書・啓発書問わず、近年ブームとなっています。そんな”マインドフルネス”を子育てに活かしている国、『子供幸福度』世界一のオランダ発の子育て本『親と子供のためのマインドフルネス』からポイントをまとめてみます。

★なぜ、今”マインドフルネス”が子供たちにも必要なのか?


では、大人の世界で取り入れられている考え方、エクササイズである”マインドフルネス”が、今子供の世界でも必要なのか。著書の中でエリーンはこんな風に書いています。


近年、ストレスが発育中の子どもの脳に有害な影響をもたらすことが確認されています。そのため、マインドフルネスがますます必要とされているのです。マインドフルネスのトレーニングは、学習環境の向上やリラックスするためだけに、オプションとして付け加えるものではありません。マインドフルネスは、最適な学習と感情のバランスを保つために欠かせないトレーニングです。 過度のストレスによる悪影響から、発育過程にある脳を守ってくれるのです。


マインドフルな状態でいると、能力が向上します。 「神経系や脳が発達過程にあり、ストレスの悪影響を敏感に受けやすい子どもに、よい効果がある」との科学的な証拠が増加しているのです。 子どもは、まさに「いま」の瞬間に生きています。 過去や未来にこころを奪われることは、それほどありません。 自然に「いま」にいるのです。そこで、私たち大人にできる最も重要なことは、子どもが持っているこの「自由なこころ」と「いまにいる」という自然な性質を損なわずに、その性質を強め、育てることです。

★こどもとできる面白いエクササイズをちょっと紹介♪

詳しくは本を読んでいただくのが一番ですが、いくつか基本的でこどもとすぐできるおもしろいエクササイズをご紹介します。
「カエルのエクササイズ」「火星人になってみる」「リミットはどこ?」「気分の体温計」といった楽しいタイトルのエクササイズは、ワクワク感とやる気を引き起こしてくれます。子供と一緒に冥想を分かち合いたいと思っていた人にも新鮮なインスピレーションを与えてくれると思います。

①カエルのエクササイズー呼吸に注意を向ける

注意を呼吸に向けるためのエクササイズです。必要なのは親と子供が静かに一緒に座れる場所だけ・・・

続き➡http://up-to-you.me/article/735


みなさんの「今ここ」がすばらしい瞬間で満たされますように!

 ******

『親と子どものためのマインドフルネス1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる』
『親と子どものためのマインドフルネス——1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる』



著者:エリーン・スネル,
ジョン・カバットジン
翻訳:出村 佳子 
出版社:サンガ