2020-04-03

③怒らない実践(新しい生き方を切り拓く7つの実践)



ブッダが説いた原因と結果の関係
世俗的な項目から始まり、最後に智慧まで

③ 怒らない実践

私たちがすべき3番目の実践は、忍耐し、心穏やかにいることです。多くのことを言われても、怒りません。この怒らないことの結果として、おのずと美しさ(端正)が享受できるのです……。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
『新しい生き方を切り拓く7つの実践:小業分別経』より


『新しい生き方を切り拓く7つの実践ー小業分別経』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老(著)

生きとし生けるものが幸せでありますように


2020-04-01

慈経(Metta Sutta)


生きとし生けるものが幸せでありますように




1. Karaṇīyamatthakusalena yaṃ taṃ santaṃ padaṃ abhisamecca,
Sakko ujū ca sūjū ca suvacocassa mudu anatimānī.

2. Santussako ca subharo ca appakicco ca sallahukavuttī,
Santindriyo ca nipako ca appagabbho kulesu ananugiddho.

3. Na ca khuddaṃ samācare kiñci yena viññū pare upavadeyyuṃ
Sukhino vā khemino hontu sabbe sattā bhavantu sukhitattā

4. Ye keci pāṇa bhūtatthi tasā vā thāvarā vā anavasesā
Dīghā vā ye mahantā vā majjhamā rassakāṇukathūlā

5. Diṭṭhā vā yeva addiṭṭhā ye ca dūre vasanti avidūre
Bhūtā vā sambhavesī vā sabbe sattā bhavantu sukhitattā

6. Na paro paraṃ nikubbetha nātimaññetha katthaci naṃ kañci
Byārosanā paṭighasaññā nāññamaññassa dukkhamiccheyya

7. Mātā yathā niyaṃ puttaṃ āyusā ekaputtamanurakkhe
Evampi sabbabhūtesū mānasaṃ bhāvaye aparimānaṃ

8. Mettaṃ ca sabbalokasmiṃ mānasaṃ bhāvaye aparimānaṃ
Uddhaṃ adho ca tiriyañca asambādhaṃ averaṃ asapattaṃ

9. Tiṭṭhaṃ caraṃ nisinno vā sayāno vā yāvatassa vigatamiddho
Etaṃ satiṃ adhiṭṭheyya brahmametaṃ vihāraṃ idhamāhu

10. Diṭṭhiñca anupagamma sīlavā dassanena sampanno
Kāmesu vineyya gedhaṃ nahi jātu gabbhaseyyaṃ punaretīti.


慈経ーブッダが教えた慈悲と善行為
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 著(電子書籍)

2020-03-24

宝経(Ratana Sutta)

生きとし生けるものが安穏でありますように




1. Yānīdha bhūtāni samāgatāni
Bhummāni vā yāni va antalikkhe,
Sabbeva bhūtā sumanā bhavantu
Athopi sakkacca suṇantu bhāsitaṃ.

2. Tasmā hi bhūtā nisāmetha sabbe
Mettaṃ karotha mānusiyā pajāya,
Divā ca ratto ca haranti ye baliṃ
Tasmā hi ne rakkhatha appamattā.

3. Yaṃ kiñci vittaṃ idha vā huraṃ vā
Saggesu vā yaṃ ratanaṃ paṇītaṃ,
Na no samaṃ atthi tathāgatena
Idampi buddhe ratanaṃ paṇītaṃ
Etena saccena suvatthi hotu.

2020-03-20

ほんものの恐怖とは?2-1

先はわからない

次の恐怖感の理由は、先がわからないことです。安全感は、現在と将来に関係がある概念です。人が「安全」と言っていることは、現在と将来に関わっていることなのです。


スマナサーラ長老 ほんものの恐怖とは?


現在の恐怖感

現在は具体的なことです。今、皆様(会場にいる方)は怖がっていませんね。とても安全です。でも、この建物の天井の屋根が落ちたらどうしますか? この建物は頑丈だから大丈夫だと思っていても、3分後に壊れるかもしれません。

2020-03-19

ほんものの恐怖とは?1-2

恐怖の仕組み

仏教的に恐怖の問題を分析してみましょう。


自作の安全

人が怯え・不安・恐怖感を感じるのは当然ですが、その原因はわからないのです。まず、最初の原因を説明しましょう。

人は皆、「自作の安全」という感情を持っています。それは人に限ったものではなく、すべての生命が自作安全というセキュリティ・システムに入っているのです。面白いことは、自分が自分で作ったセキュリティ・システムに頼って生きていることに気がつかないことです。自作安全だから、その強度は人の能力によって変わります。自分で作ったセキュリティ・システムは、ときどき攻撃を受けます。それで、セキュリティ・システムが壊れてしまう危険性が生じます。そのとき、人は恐怖を感じるのです。
これは人に限ったことではありません。神々も恐怖を感じます。経典には、「自分勝手に作ったセキュリティ・システムが壊れると、神々は恐怖感で怯える」と明確にあるのです。