2019-11-08

カティナ衣法要の翌日に

カナダのアルバータ州、カルガリーにて「カティナ衣法要」が行われたその翌日、招待されたお坊様方がカナディアンロッキーにいらっしゃいました。向かっていちばん左の長老が、オタワ在住のチャンディマ・ガンゴダウィラ長老です)
カティナ衣法要のあと、チャンディマ長老がカナダのバンフを訪れる
Photo Credit - Bhante Dr. Gangodawila Chandima

ここはカナダのロッキー山脈国立公園。以前、私もここで働いていました。
ここにはエルク(大鹿)やムース(巨大な鹿)、クマ、コヨーテ、マウンテンゴート(シロイワヤギ)など、野生の動物たちがたくさん住んでいます。
人間も、少ないですが住んでいます……。
寒い日の夜、外に出て空を見上げると、オーロラも見えたっけ。

お坊様方、こんな山奥まで足を運んでくださり、
ここに住む生き物たちもきっと喜んでいたことと思います。

生きとし生けるものが幸せでありますように☆

2019-11-04

G. チャンディマ長老の法話

カナダのカルガリーで開催されたカティナ衣法要。G. チャンディマ長老のご法話です。Kathina Dhamma talk by Bhante Dr. Gangodawila Chamdima, on 3 November 2019 @Sri Lankan Buddhist Society - Calgary


カティナ衣法要 
生きとし生けるものが幸せでありますように☆

2019-11-03

八正道勉強会(第3回)のレポート、しのさん

9月に行われた八正道(8マインドフル・ステップス)の勉強会(湘南ダンマサークルさん主催)のレポートを、しのさんがブログ「瞑想以前」で書いてくださっています。よろしければ、お読みになってみてください。テキストは、『8マインドフル・ステップス』(グナラタナ長老著/拙訳)です。

2019-11-02

15の善い習慣(慈経に学ぶ15の善習慣と10の善行為)

なが3氏(@naga3)が、『慈経に学ぶ15の善習慣と10の善行為』(G. チャンディマ長老著)より「15の善い習慣」について、感じられたことをTweetしてくださいました。少しご紹介させてください。

15の善い習慣① 身体と心のスキルを磨く

身体と心のスキルを磨くこと。身体のスキルは、運転・演奏・経理・プログラミングなど、人のために役立つスキルを高める。心のスキルは、慈悲喜捨を習慣とし高めていく。

2019-11-01

穏やかにすごせますように

毎日を穏やかにすごせますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように


慈悲の瞑想とマインドフルネス

Chandima Gangodawilaさんがカバー写真を変更しました。10月30日 21:35
Sukhi Hotu(Facebookより)


2019-10-13

『幸せへの鍵:慈経に学ぶ〈15の善習慣〉と〈10の善行為〉』

☆新刊です。

『慈経に学ぶ〈15の善習慣〉と〈10の善行為〉』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 著(電子書籍)が刊行されました。

慈経ーブッダが教えた慈悲と善行為
慈経に学ぶ〈15の善習慣〉と〈10の善行為〉

謙虚さ、柔和さ、正直さ――幸せになるために、
私たちが身につけるべき「15の善い習慣」とは?
身 口 意を清らかにする「10の善い行為」とは?


『慈経』には、謙虚さや柔和さ、正直さ、誠実さ、素直さなど、人として身につけるべき基本的な性質が説かれています。どれも、人が幸せに生きるために欠かせないことばかりです。

その清らかな性質を習慣にし、身につけることによって、「10の善行為(十善dasa-kusala)」の実践が、スムーズに進んでいきます。「善行為」をすればするほど、身・口・意の行為が清らかになり、悩み苦しみが消えていくのです。
人生は好転し、やがて究極の幸福である涅槃に達するでしょう。(本文より)


●・・●・●・●
目 次】

はじめに――善習慣と善行為

第1章 幸せをつくる「15の善い習慣」

■ 善い習慣が善い性格をつくる
  ・「善い習慣」と「悪い習慣」
■ 『慈経』は、ここから始まる
■ ブッダが説いた「15の善い習慣」
 1 能力がある
  ・身体のスキル
  ・のスキル―四梵住
    ①慈(mettā:メッター)
    ②悲(karuṇā:カルナー)
    ③喜(muditā:ムディター)
    ④捨(upekkhā:ウペッカー)
 2 道徳的にまっすぐ
 3 正直で誠実  
  ・インテグリティを高める
 4 アドバイスされやすい
  ・善い人に心をひらく
 5 心の柔和さ
  ・変化にたいする対応力
 6 謙虚さ
 7 足ることを知る
  ・「ないもの探し」をやめる
  ・充実感をベースにした生き方
 8 シンプルで養いやすい
  ・おおらかな心で
 9 忙しくしすぎない
  ・頭のなかもシンプルに
 10 簡素な生活
  ・執着せず、軽やかに
 11 感覚器官を落ち着かせる
 12 賢明さ
 13 高ぶらない
 14 在家に執着しない
 15 智慧ある人が批判するどんな小さな悪事もしない

第2章 身・口・意を清らかにする「10の善行為」

 ■ 善行為(kusala)とは何か?
 ■ 大切なのは日常生活での実践

▶「身体(身)」で実践する善行為

 1 生きものを殺さない
 2 与えられていないものを取らない
  ・時間の泥棒
 3 淫らな行為をしない
  ・「眼耳鼻舌身意」を使って何をするか?
  ・「楽」のリミットを知る
  ・食べる量と質と頻度

▶「言葉(口)」で実践する善行為

 4 嘘をつかない
  ・真実を伝えるタイミング
 5 人の仲を裂く言葉を言わない
  ・陰のない明るい言葉
 6 人を害する粗暴な言葉を使わない
 7 うわさ話・無駄話をしない

▶「心(意)」で実践する善行為

 8 過度な欲を抱かない
  ・羨望と嫉妬の違い
 9 過度な怒りを抱かない
  ・ネット上での怒り
 10 邪見(誤った見解)を持たない
 ■ 「10の善行為」のまとめ

第3章 2つの両輪で、心は見事に清らかになる

訳者あとがき——「Q&A」から




●・・●・●・●


【著者プロフィール】

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

Ven. Dr. Chandima Gangodawila

テーラワーダ仏教長老。
2008年、スリランカの国立スリジャヤワルダナプラ大学で、学士号(優等学位)を取得。人文社会科学部において、最優秀者賞を受賞。2015年、博士号を取得。
カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア大学で4年間、仏教チャプレンを務め、さらにヴィクトリア大学で教鞭を執る。
現在、カナダのオタワ・テーラワーダ・ブッディストヴィハーラに在住。カナダを中心に、イギリスのケンブリッジ大学、アメリカ、マレーシア、タイ、スリランカの大学や寺院で、講義や法話をおこなっている。
著書に『妄想の対処法:マドゥピンディカ・スッタ(蜜丸経)』『業(カルマ)は直線ではないー生き方を変えられるのは、いま:マハーカンマヴィバンガ・スッタ(大業分別経)』(Sukhi Hotu)、英語の著書や論文に“A Critical appraisal of the contribution of Germany and France to Sanskrit studies”, “An Annotated Translation Into English Of Ratnamālāvadāna With A Critical Introduction”などがある。
「Authentic Buddhism」(YouTubeチャンネル)でも、ブッダの教えを伝え続けている。https://www.youtube.com/AuthenticBuddhism


●・・●・●・●