ラベル チャンディマ長老 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル チャンディマ長老 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020-05-30

④嫉妬しない実践(新しい生き方を切り拓く7つの実践)

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老  『新しい生き方を切り拓く7つの実践:小業分別経』より

生き方を向上させるために私たちがすべき4番目の実践は、他人が得た幸福や成功にたいして嫉妬するのではなく、その幸福をいっしょに喜ぶことです。
これによって、影響力の強い人になる業が、おのずとつくられるのです……。
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
『新しい生き方を切り拓く7つの実践ー小業分別経』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
生きとし生けるものが幸せでありますように

2020-05-23

精進とは?

『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』 チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

精進とは、何でもかんでもただ闇雲に頑張るという意味ではありません。いまこの瞬間、精進の力を起こし、気づきを実践することです。
瞬間瞬間、自分の状況に気づき、悪行為をやめて善行為をおこなうことなのです。
これを続けていけば、善いエネルギーは消えず、6つの穴に落ちることもないでしょう。

『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』より

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

Sukhi Hotu出版、チャンディマ・ガンゴダウィラ長老『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』

2020-05-17

時間は刻一刻と過ぎ去っていく

『涅槃への道を妨げるもの:老いない経(ナジーラティ・スッタ)』 チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

何が昼夜、滅びていくのでしょうか?

「若さ」です。時間は刻一刻と過ぎ去っていきます。朝が来て夜になり、また朝が来て夜になり、こうして「若さ」は少しずつ消えていくのです。
肌にはしわができ、ひざや腰が痛みだし、体力がなくなり、歩くスピードもゆっくりになります。
私たちの肉体は徐々に老いて、やがて壊れます。肉体だけでなく、あらゆる物質は最終的に壊れます。
このように、「生」は刻一刻と確実に「死」に向かっているのです。
この真理をあるがままに受け入れ、客観的に理解することにより、私たちの心は落ち着いていくでしょう。


『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』より

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

Sukhi Hotu出版、チャンディマ・ガンゴダウィラ長老『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』

2020-05-06

不放逸(appamāda)ーブッダの最後の言葉


「不放逸(appamāda:アッパマーダ)」は、ブッダの教えのなかで最も重要な言葉のひとつです。
涅槃に入られる前、ブッダは弟子たちにこう説かれました。


Vayadhammā sankhārā appamādena sampādetha.

すべてのものは作られたものであり、壊れる性質のものである。不放逸で精進しなさい。


これがブッダの最後の言葉であり、遺言なのです。ですから不放逸(appamāda)であることが、いかに大切かということがおわかりになるでしょう。


『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』より

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老


Sukhi Hotu出版、チャンディマ・ガンゴダウィラ長老『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』




2020-05-05

涅槃への道を妨げるものー『老いない経(ナジーラティ・スッタ)』

☆新刊です。
 涅槃への道を妨げるもの: 『老いない経(ナジーラティ・スッタ)』


『涅槃への道を妨げるもの:老いない経(ナジーラティ・スッタ)』 
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老(著)
が刊行されました。どうぞよろしくお願いいたします。

ブッダは幸福の道を教えられました。その道には、明確な終着点(ゴール)があります。ゴールはどこでしょうか?
心や身体の苦しみなど、あらゆる苦しみが滅したやすらぎの状態=涅槃(Nibbāna)です。ブッダは私たちに、ゴールと、そこに至る道を示されたのです。
とはいえ、そのゴールにすぐにたどり着けるわけではありません。道を歩んでいるとき、さまざまな妨害物にぶつかったり、前に進めなくなったり、後退したり、道から外れてしまったりするのです。何がそうさせるのでしょうか? どうすれば道をまっすぐに進めるのでしょうか?
ブッダの経典から学んでみましょう。


【目 次】


はじめに 仏道には終着点(ゴール)がある


第1章 一つ一つ、ハードルをのりこえて


老いるものとは? 老いないものとは?
外れた道とは?
諸善の障害とは?
昼夜、滅びゆくものとは?
梵行(清らかな生き方)の垢とは?
水のない沐浴とは?
財をなくす穴はいくつあるか?
6つの穴
 ① 怠惰(ālasya)
 ② 放逸(pamāda)
 ③ 無気力(anuṭṭhāna)
 ④ 不管理(asaṃyama)
 ⑤ 眠気(niddā)
 ⑥ 倦怠(tandī)
 6つの穴を避ける


第2章 前進と成長に必要な力


精進(viriya)を育てる
「善」のエネルギーを継続する

著者紹介

※本書は『Patipada』誌で連載したものに、さらにチャンディマ長老にお伺いして加筆修正したものです。
***

※G.チャンディマ長老のプロフィールと書籍はこちら(画像)でご覧いただけます。


 チャンディマ・ガンゴダウィラ長老の電子書籍「Sukhi Hotu出版」
Books

生きとし生けるものが幸せでありますように
Sabbe sattā bhavantu sukhitattā


2020-04-18

比べないこと

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老法話

人はひとりひとり異なっています。それぞれに個性があり、よい面と足りない面があります。ですから他人と自分とを比べないようにしてください。他人を見てねたんだりすると、自分の心を苦しめることになります。自分を裁くことにもなります。

他人には他人のよいところがあり、自分には自分のよいところがあることを認めてください。自分のよいところを見いだし、それを伸ばしていきましょう。
誰かと比べたとたん、慈しみが消えてしまいますから。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
4月13日法話メモ






2020-04-13

預流果に達したときに得られる安穏とは


輪廻の中にいる限り、私たちは苦から逃れることができません。たとえいま幸せを感じていたとしても、将来はどうなるのかわからず、そのため安心は得られないのです。
安心が得られるのは、聖者の最初の位である預流果(sotāpanna)に達したときです。そのときはじめて、本物の安心・安穏が心に現れるのです。
預流果には3種類あるといわれています。
・7回輪廻転生した後、輪廻を終える
・2~3回輪廻転生した後、輪廻を終える
・1回だけ輪廻転生した後、輪廻を終える
いずれにせよ、最高で7回だけです。それも善趣に転生します。ここで、悪趣に落ちないという安心感が得られるのです。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
4月12日法話メモ



生きとし生けるものが幸せでありますように

2020-04-10

新型コロナウイルスへの不安と恐れを乗り越える8つのポイント


仏教にマジック(魔法)はありません。あるのは智慧です。ブッダは私たちに「あらゆる問題の原因を観察し、深い理解をもって問題に対処していくこと」を教えられました。
現在の状況(COVID-19)においても同じです。智慧で状況を深く理解し、8つのポイントを実践すれば、恐れや不安を乗り越えることができるでしょう。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老







生きとし生けるものが幸せでありますように


2020-04-05

新型コロナウイルスへの不安と恐れを乗り越える8つのポイント

☆新刊です。

『新型コロナウイルスへの不安と恐れを乗り越える8つのポイントチャンディマ・ガンゴダウィラ長老(著)
です。よろしければ、ぜひご一読ください。
Google Books

Patipada(パティパダー)5月号』にも、本書の内容とほぼ同じ内容のもの掲載されています

生きとし生けるものが幸せでありますように。




本書はカナダで感染が急速に拡大し始めた3月22日、オタワのお寺で説かれたチャンディマ長老の法話の日本語訳です。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響を受け、世界中の多くの人が不安や恐れ、ストレスを感じています。
さまざまな情報が飛び交うなか、どのように対応してよいのか、わからない状態でいます。
さらに、感染することへの恐れや孤立することへの恐れ、収入が減ることへの恐れ、仕事がなくなることへの恐れなど、心にはこれまでに感じたことのない感情が、次々に湧き起こってきます。
私たちはこの心の問題にどう対応していけばよいのでしょうか?
仏教の観点から、ポイントを8つご紹介いたしましょう。

【目 次】

はじめに
1 専門家のアドバイスに従う
2 家族との時間を大切にする
3 善行為(kusala)をする
4 意味を理解して経典を唱える
5 慈しみと思いやりを広げる
6 心を観察する(マインドフルネス)
7 あらゆるものごとは「過ぎ去る」ことを観察する
8 理解し、みなで協力する
著者紹介


※G.チャンディマ長老の書籍はこちらです。


 チャンディマ・ガンゴダウィラ長老の電子書籍「Sukhi Hotu出版」


生きとし生けるものが幸せでありますように
悩み苦しみがなくなりますように

Sabbe sattā bhavantu sukhitattā


2020-04-03

③怒らない実践(新しい生き方を切り拓く7つの実践)


チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 新しい生き方を切り拓く7つの実践「小業分別経」

ブッダが説いた原因と結果の関係
世俗的な項目から始まり、最後に智慧まで

③ 怒らない実践


私たちがすべき3番目の実践は、忍耐し、心穏やかにいることです。多くのことを言われても、怒りません。この怒らないことの結果として、おのずと美しさ(端正)が享受できるのです……。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

2020-04-01

慈経(Metta Sutta)


生きとし生けるものが幸せでありますように




1. Karaṇīyamatthakusalena yaṃ taṃ santaṃ padaṃ abhisamecca,
Sakko ujū ca sūjū ca suvacocassa mudu anatimānī.

2. Santussako ca subharo ca appakicco ca sallahukavuttī,
Santindriyo ca nipako ca appagabbho kulesu ananugiddho.

3. Na ca khuddaṃ samācare kiñci yena viññū pare upavadeyyuṃ
Sukhino vā khemino hontu sabbe sattā bhavantu sukhitattā

4. Ye keci pāṇa bhūtatthi tasā vā thāvarā vā anavasesā
Dīghā vā ye mahantā vā majjhamā rassakāṇukathūlā

5. Diṭṭhā vā yeva addiṭṭhā ye ca dūre vasanti avidūre
Bhūtā vā sambhavesī vā sabbe sattā bhavantu sukhitattā

6. Na paro paraṃ nikubbetha nātimaññetha katthaci naṃ kañci
Byārosanā paṭighasaññā nāññamaññassa dukkhamiccheyya

7. Mātā yathā niyaṃ puttaṃ āyusā ekaputtamanurakkhe
Evampi sabbabhūtesū mānasaṃ bhāvaye aparimānaṃ

8. Mettaṃ ca sabbalokasmiṃ mānasaṃ bhāvaye aparimānaṃ
Uddhaṃ adho ca tiriyañca asambādhaṃ averaṃ asapattaṃ

9. Tiṭṭhaṃ caraṃ nisinno vā sayāno vā yāvatassa vigatamiddho
Etaṃ satiṃ adhiṭṭheyya brahmametaṃ vihāraṃ idhamāhu

10. Diṭṭhiñca anupagamma sīlavā dassanena sampanno
Kāmesu vineyya gedhaṃ nahi jātu gabbhaseyyaṃ punaretīti.


慈経ーブッダが教えた慈悲と善行為
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 著(電子書籍)

2020-03-24

宝経(Ratana Sutta)

生きとし生けるものが安穏でありますように




1. Yānīdha bhūtāni samāgatāni
Bhummāni vā yāni va antalikkhe,
Sabbeva bhūtā sumanā bhavantu
Athopi sakkacca suṇantu bhāsitaṃ.

2. Tasmā hi bhūtā nisāmetha sabbe
Mettaṃ karotha mānusiyā pajāya,
Divā ca ratto ca haranti ye baliṃ
Tasmā hi ne rakkhatha appamattā.

3. Yaṃ kiñci vittaṃ idha vā huraṃ vā
Saggesu vā yaṃ ratanaṃ paṇītaṃ,
Na no samaṃ atthi tathāgatena
Idampi buddhe ratanaṃ paṇītaṃ
Etena saccena suvatthi hotu.

2020-03-14

②思いやりの実践(新しい生き方を切り拓く7つの実践)


 新しい生き方を切り拓く7つの実践
https://sukhi-hotu.blogspot.com/2020/02/culakammma.html

②思いやりの実践

この2番目の教えから私たちが学ぶべきことは、他の生命を大切にし、いたわり、やさしくすることです。

いかなる生命も、傷つけたり、いじめたり、暴力をふるったりしません。その善い行為の結果として、今生や将来の生で、健康を享受することができるのです……。
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
『新しい生き方を切り拓く7つの実践:小業分別経』より


『新しい生き方を切り拓く7つの実践ー小業分別経』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老(著)


生きとし生けるものが幸せでありますように



2020-03-03

①慈しみの実践(新しい生き方を切り拓く7つの実践)


チャンディマ・ガンゴダウィラ長老著:新しい生き方を切り拓く7つの実践:小業分別経


① 慈しみの実践

慈悲は、私たちがみずからの心に育て、常に抱くべき、やさしい思いです。
このやさしさが原因となり、自分の命が守られ、寿命を全うする助けになるのです……。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
『新しい生き方を切り拓く7つの実践:小業分別経』より

嫉妬しない実践
怒らない実践
思いやりの実践
慈しみの実践

生きとし生けるものが幸せでありますように

2020-02-24

『新しい生き方を切り拓く7つの実践ー小業分別経』

☆新刊です。

『新しい生き方を切り拓く7つの実践ー小業分別経』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老(著)が刊行されました。

『新しい生き方を切り拓く7つの実践ー小業分別経』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老(著)
『新しい生き方を切り拓く7つのステップー小業分別経』
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

物質的な幸せであれ、精神的な幸せであれ、世俗的な幸せであれ、出世間的な幸せであれ、何かしら幸せを享受するためには、心や感情、煩悩を管理することが欠かせません。
怒ったり、嫉妬したり、欲張ったりしない心、そういった善い心や行為によって、私たちはおのずと幸せへと導かれていくのです。

生命を殺すのではなく、慈しむことによって、
生命を傷つけるのではなく、思いやることによって、
怒るのではなく、怒らないことによって、
嫉妬するのではなく、他者の幸せを喜ぶことによって、
物惜しみをするのではなく、施すことによって、
傲慢になるのではなく、謙虚になることによって、
問うべきことを問わないのではなく、問うべきことを問うことによって、
善い原因がつくられ、条件がそろったとき、おのずと善い結果が現れる、とブッダは教えられました。

この因果法則としての〈業の法則〉を理解し、執着のない善い心で、日々淡々と善い行為をおこない、さらに心を清らかにしようと精進するなら、やがて一切の苦しみを乗り越える智慧が現れるでしょう。

【目 次】


はじめに――人のあいだに見られる差


第1章 何が人生をつくるのか?


■ 業〈カルマ〉についての誤解
■ ブッダが教えた「業」とは?
■ 「業」から見れば、人はみな公平
■ ごまかさずに自分を正直に観ることができるか?
■ 「業」とは何か?――その正体
 ・業だけが自分のもの(kammassakā)
 ・業を引き継ぐ(kammadāyādā)
 ・業から生まれる(kammayonī)
 ・業は切り離せない(kammabandhu)
 ・業はよりどころ(kammapaṭisaraṇā)
 ・生命に優劣をつけているのは「業」
 
■ 5つの法則
 ・自然の法則(utu-niyāma)
 ・種子の法則(bīja-niyāma)
 ・業の法則 (kamma-niyāma)
 ・心の法則 (citta-niyāma)
 ・法の法則 (dhamma-niyāma)

■ 身・口・意を管理する


第2章 善い結果に導く7つの実践


1 慈しみの実践
 ・殺生する人
 ・生命を慈しむ人
 ・生きとし生けるものへの慈しみ

2 思いやりの実践
 ・他の生命を害す人
 ・他の生命を害さない人
 ・生命を大切にする心

3 怒らない実践
 ・ささいなことで怒る人
 ・多くのことを言われても怒らない人
 ・穏やかさと忍耐

4 他者の幸せを喜ぶ実践
 ・嫉妬する人
 ・嫉妬しない人
 ・他者の成功を喜び、感謝する

5 施しの実践
 ・施さない人
 ・施す人
 ・与えることで豊かになる

6 謙虚さの実践
 ・傲慢な人
 ・傲慢ではない人
 ・謙虚さを忘れない

7 問うべきことを問う実践
 ・智慧のない人
 ・智慧のある人
 ・最初に問うべきこととは?


第3章 大切なのは、いまの行為


訳者あとがき
著者紹介


【著 者】

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

Ven. Dr. Chandima Gangodawila


テーラワーダ仏教長老。
2008年、スリランカの国立スリジャヤワルダナプラ大学で、学士号(優等学位)を取得。最優秀者賞を受賞。2015年、博士号を取得。

カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア大学で4年間、仏教チャプレンを務め、さらにヴィクトリア大学で教鞭を執る。
現在、カナダのオタワ・テーラワーダ・ブッディストヴィハーラに在住。
カナダを中心に、イギリスのケンブリッジ大学、アメリカ、マレーシア、タイ、スリランカの大学や寺院で、講義や法話をおこなっている。
著書に『幸せへの鍵:慈経に学ぶ〈15の善習慣〉と〈10の善行為〉』『妄想の対処法:マドゥピンディカ・スッタ(蜜丸経)』『業(カルマ)は直線ではないー生き方を変えられるのは、いま:マハーカンマヴィバンガ・スッタ(大業分別経)』(Sukhi Hotu)、英語の著書や論文に “A Critical appraisal of the contribution of Germany and France to Sanskrit studies” “An Annotated Translation Into English Of Ratnamālāvadāna With A Critical Introduction” などがある。






生きとし生けるものが幸せでありますように
Sabbe sattā bhavantu sukhitattā


2020-02-20

心を癒す


人はみな、頑張って生きています。仕事や家事、子育て、勉強、介護など……。
ときにはうまくいかないこともあるでしょう。
そのようなとき、落ち込んだり責めたり非難したりせず、「今ここ」に戻るようにしてください。今、自分にできる善いことに、明るく取りくむようにするのです。
心を穏やかにして。

―チャンディマ・ガンゴダウィラ長老
(Discussionより)


生きとし生けるものが幸せでありますように



2020-02-11

時間と命



「時」は瞬間瞬間、過ぎ去っていきます。私たちはそれに気づいていません。
毎日、忙しすぎて、やることが多すぎて、何かに夢中になりすぎて、時間が過ぎ去っていくのをなかなか感じられないのです。
時間は、命と同じようなものです。
時間が刻一刻と過ぎていくように、命も刻一刻と縮まっています。
どこに向かっているのでしょうか?
「死」へと向かっているのです。

(続きます)

―チャンディマ・ガンゴダウィラ長老


What should you do in the peril of death (maraṇa), according to the Nanda Sutta?より




生きとし生けるものが幸せでありますように

2020-01-25

②放逸(pamāda)『涅槃への道を妨げるもの:老いない経』より

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老『心を陥れる危険な穴(Najirati Sutta)


放逸(pamāda)とは、欲や怒り、嫉妬などの感情に引きずられ、すべきことをしないことです。

すべきこととは、気づくことです。心が煩悩で汚れないよう、瞬間瞬間、気づいていることが、放逸の反対不放逸(appamāda)」ということなのです。

『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』より
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老


『涅槃への道を妨げるものー老いない経(ナジーラティ・スッタ)』


生きとし生けるものが幸せでありますように

2020-01-21

善い人にたいして心をひらき…

善い人(道徳的な人/理性的な人)にたいして心をひらき、アドバイスや指導を求めることができること、
また、アドバイスや指導を受けやすい柔軟な性格でいることによって、
私たちの心は少しずつ成長していきます。
ブッダは、この性格を身につけ、習慣にするよう教えられました……。

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老


生きとし生けるものが幸せでありますように