ラベル 新刊 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 新刊 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019-10-13

『幸せへの鍵:慈経に学ぶ〈15の善習慣〉と〈10の善行為〉』

☆新刊です。

『慈経に学ぶ〈15の善習慣〉と〈10の善行為〉』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 著(電子書籍)が刊行されました。



謙虚さ、柔和さ、正直さ――幸せになるために、
私たちが身につけるべき「15の善い習慣」とは?
身 口 意を清らかにする「10の善い行為」とは?
慈悲 チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 出村佳子
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

『慈経』には、謙虚さや柔和さ、正直さ、誠実さ、素直さなど、人として身につけるべき基本的な性質が説かれています。どれも、人が幸せに生きるために欠かせないことばかりです。

その清らかな性質を習慣にし、身につけることによって、「10の善行為(十善:dasa-kusala)」の実践が、スムーズに進んでいきます。「善行為」をすればするほど、身・口・意の行為が清らかになり、悩み苦しみが消えていくのです。

人生は好転し、やがて究極の幸福である涅槃に達するでしょう。(本文より)


●・・●・●・●

【目 次】

はじめに――善習慣と善行為


第1章 幸せをつくる「15の善い習慣」


■ 善い習慣が、善い性格をつくる
    ・「善い習慣」と「悪い習慣」
■ 『慈経(Metta Sutta)』は、ここから始まる
■ ブッダが説いた「15の善い習慣」
  1 能力がある(sakko)
    ・身体のスキル
    ・心のスキル―四梵住(cattāro brahma vihārā)
      ①慈(mettā:メッター)
      ②悲(karuṇā:カルナー)
      ③喜(muditā:ムディター)
      ④捨(upekkhā:ウペッカー)
  2 道徳的にまっすぐ(ujū)
  3 正直で誠実(sūjū)
    ・インテグリティを高める
  4 アドバイスされやすい(suvaco)
    ・善い人に心をひらく
  5 心の柔和さ(mudu)
    ・変化にたいする対応力
  6 謙虚さ(anatimānī)
  7 足ることを知る(santussako)
    ・「ないもの探し」をやめる
    ・充実感をベースにした生き方
  8 シンプルで養いやすい(subharo)
    ・おおらかな心で
  9 忙しくしすぎない(appakicco)
    ・頭のなかもシンプルに
  10 簡素な生活(sallahukavutti)
    ・執着せず、軽やかに
  11 感覚器官を落ち着かせる(santindriyo)
  12 賢明さ(nipako)
  13 高ぶらない(appagabbho)
  14 在家に執着しない(kulesu ananugiddho)
  15 智慧ある人が批判するどんな小さな悪事もしない(Na ca khuddaṃ samācare kiñci yena viññū pare upavadeyyuṃ)


第2章 身・口・意を清らかにする「10の善行為」


■ 善行為(kusala)とは何か?
■ 大切なのは日常生活での実践
▶「身体」で実践する善行為
  1 生きものを殺さない
  2 与えられていないものを取らない
    ・時間の泥棒
  3 淫らな行為をしない
    ・「眼耳鼻舌身意」を使って何をするか?
    ・「楽」のリミットを知る
    ・食べる量と質と頻度
▶「言葉」で実践する善行為
  4 嘘をつかない
    ・真実を伝えるタイミング
  5 人の仲を裂く言葉を言わない
    ・陰のない明るい言葉
  6 人を害する粗暴な言葉を使わない
  7 うわさ話・無駄話をしない
▶「意(心)」で実践する善行為
  8 過度な欲を抱かない
    ・羨望と嫉妬の違い
  9 過度な怒りを抱かない
    ・ネット上での怒り
  10 邪見(まちがった見解)を持たない
■ 「10の善行為」のまとめ

第3章 2つの両輪で心は見事に清らかになる


訳者あとがき——「Q&A」から

●・・●・●・●


【著者プロフィール】

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

Ven. Dr. Chandima Gangodawila


テーラワーダ仏教長老。

2008年、スリランカの国立スリジャヤワルダナプラ大学で、学士号(優等学位)を取得。人文社会科学部において、最優秀者賞を受賞。2015年、博士号を取得。

カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア大学で4年間、仏教チャプレンを務め、さらにヴィクトリア大学で教鞭を執る。

現在、カナダのオタワ・テーラワーダ・ブッディストヴィハーラに在住。カナダを中心に、イギリスのケンブリッジ大学、アメリカ、マレーシア、タイ、スリランカの大学や寺院で、講義や法話をおこなっている。

著書に『妄想の対処法:マドゥピンディカ・スッタ(蜜丸経)』『業(カルマ)は直線ではないー生き方を変えられるのは、いま:マハーカンマヴィバンガ・スッタ(大業分別経)』(Sukhi Hotu)、英語の著書や論文に“A Critical appraisal of the contribution of Germany and France to Sanskrit studies”, “An Annotated Translation Into English Of Ratnamālāvadāna With A Critical Introduction”などがある。

「Authentic Buddhism」(YouTubeチャンネル)で、ブッダの教えを伝え続けている。▶https://www.youtube.com/AuthenticBuddhism


●・・●・●・●


十善 チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 出村佳子

2019-07-31

電子書籍

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 (著) 出村佳子(訳) 2019-04-05
  


業(カルマ)と心の向上『小業分別経』~業の誤解
チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 (著) 出村佳子(訳)




チャンディマ・ガンゴダウィラ長老 (著) 出村佳子(訳)




☆仏教誌『Patipada(パティパダー)』にて、チャンディマ長老の法話『業と心の向上――小業分別経』を連載させていただいております。
そのお礼もかねて、こちらの電子書籍の収益を(手数料など諸経費を差し引くと、わずかではありますが)、チャンディマ長老にお布施しております。
ご購読くださったみなさまに、心よりお礼申し上げます。
お幸せでありますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。

著者プロフィール

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老(Bhante. Dr. G. Chandima)

テーラワーダ仏教長老。
2008年、スリランカの国立スリジャヤワルダナプラ大学で、学士号(優等学位)を取得。人文社会科学部において最優秀者賞を受賞。2015年、博士号を取得。
カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア大学で4年間、仏教チャプレンを務め、さらにヴィクトリア大学で教鞭を執る。
現在、カナダのオタワ・テーラワーダ・ブッディストヴィハーラに在住。カナダを中心に、イギリスのケンブリッジ大学、アメリカ、マレーシア、タイ、スリランカの大学や寺院で、講義や法話をおこない、ブッダの教えを伝え続けている。

2019-05-18

業は直線ではない―生き方を変えられるのは、いま:『マハーカンマヴィバンガ・スッタ(大業分別経)』


すでにやってしまった行為を過去に戻って取り消すことは、私たちにはできません。いくら悔やんだり、悩んだりしても、やった出来事をなかったことにすることはできません。

それなら、どうすればよいのでしょうか? 苦しみの報いを受けるしかないのでしょうか?
ブッダはその解決策を教えてくださっています。


業は直線ではない:生き方を変えられるのは、いま(大業分別経)
業は直線ではない―生き方を変えられるのは、いま


それは、「いま最善を尽くして、善い行為をすること」です。
過去はもう戻ってきません。将来はどうなるのかわかりません。でも、いまの瞬間なら、その条件の中で、ある程度はどのようにでもできるのです。

この経典では、「業(行為と結果の現れ方)は直線ではない」ということが説かれています。

もし業が直線なら、過去におこなった悪行為にたいして、私たちはもうどうすることもできません。苦しみの報いを受けるしかないでしょう。

でも幸い、業は直線ではありません。あらゆるものごとは無常であり、変化しています。

チャンディマ長老は、だからこそ、ブッダが説いた「業の複雑性」を理解して、常に正見を保ち、いまを最善に生きるよう、強くすすめてくださっています。

結局のところ、私たちが今後どうなるのか、どう死ぬのか、どこに生まれ変わるのかということは、いまをどう生きるのかにかかっているのでしょう。

本書は、過去のことに左右されず、いま心を清らかにし、正見を持って、「道」を前向きに歩んでいくことについて説いた、チャンディマ・ガンゴダウィラ長老による経典解説講義の日本語訳です。

2019-04-13

妄想の対処法:認識プロセスを観察し、妄想ループを絶ち切る―『マドゥピンディカ・スッタ(蜜丸経)』


『妄想の対処法マドゥピンディカ・スッタ(蜜丸経)』チャンディマ・ガンゴダウィラ長老〔著〕が発売されました。

事実をあるがままに見て、妄想のループから離れるための一冊です。よろしければ、ご覧になってみてください。

妄想を断ち切るための、心の観察法

(SUKHI HOTU)


なぜ、思考は事実から離れて、勝手にイメージを作りあげていくのか?
妄想(ねつ造)や主観は、どのように起こるのか?

私たちは、いつでも気づかぬうちに思考にとらわれ、妄想の渦に巻き込まれています。
事実を客観的に見るではなく、起きた現象にたいして、頭の中でイメージを膨らませ、悩んだり、怒ったり、心配したり、不安になったりして、多くの時間を費やしています。
この問題を、どのように解決できるでしょうか? 

ブッダは「妄想の対処法」を説かれ、妄想(主観)が発生する原因と、そのプロセスを観察するよう教えられました。

仏教はいつでも原因を観察するよう教えています。
妄想に巻き込まれず、その原因を観察すれば、妄想がどのように生起するのか、そのプロセスが見えてくるでしょう。

それによって、妄想を根っこから絶ち切ったり、あるいは弱めたり、悪い方向に妄想しないようにしたりなど、おのずと解決策が見えてくるのです。

本書は、中部経典 第18経『マドゥピンディカ・スッタ(密丸経)』をもとに、「妄想や主観が起こるプロセス」と「その対処法」についてわかりやすく説いた、スリランカ出身、カナダ在住の、G.チャンディマ長老による経典解説の講義に、加筆いただいたものの日本語訳です。
事実をあるがままに見、主観や妄想のループから離れるための、一冊です。



〈目次〉


第1章 事実を見れば、妄想は静まる-『マドゥピンディカ・スッタ(密丸経)』


■「パパンチャ(papañca)」とは何か?
■ 思考を増殖させるものー渇愛・慢・見
■ 妄想のプロセス
■「主観の世界」から「客観の世界」へ
■ 妄想のループを破るには?
■ 原因にアプローチする
■ 妄想からの解放


第2章 Q&A― 原因に気づき、思考の舵をとる


■ コントロールか? 管理か?
■ 思考を色づけるもの
■『マドゥピンディカ・スッタ(蜜丸経)』の名前の由来
■ 縁起(paṭicca-samuppāda)の法則
■ 思考の舵をとる



〈著者プロフィール〉

チャンディマ・ガンゴダウィラ長老

Ven. Dr. Chandima Gangodawila

テーラワーダ仏教長老。
2008年、スリランカの国立スリジャヤワルダナプラ大学で、学士号(優等学位)を取得。人文社会科学部において、最優秀者賞を受賞。2015年、博士号を取得。
カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア大学で4年間、仏教チャプレンを務め、さらにヴィクトリア大学で教鞭を執る。
現在、カナダのオタワ・テーラワーダ・ブッディストヴィハーラに在住。カナダを中心に、イギリスのケンブリッジ大学、アメリカ、マレーシア、タイ、スリランカの大学や寺院で、講義や法話をおこなっている。
著書に『業(カルマ)は直線ではない――生き方を変えられるのは、いま:マハーカンマヴィバンガ・スッタ(大業分別経)』(SUKHI HOTU)、英語の主な著書・論文に“A Critical appraisal of the contribution of Germany and France to Sanskrit studies”, “An Annotated Translation Into English Of Ratnamālāvadāna With A Critical Introduction”などがある。
「Authentic Buddhism」(YouTubeチャンネル)で、ブッダの教えを伝え続けている。



2019-04-08

【お知らせ】八正道勉強会


2019-02-24

【重版】『マインドフルネスの原点』

私たちの身体は不安定であり、絶えず変わり続けています。髪は変化し、爪は変化し、歯は変化し、皮膚は変化しています。あらゆるものが変化しています。心も、常に変化しています。したがって、心は……

アチャン・チャー法話集2巻 マインドフルネスの原点 出村佳子訳

2月にアチャン・チャー法話集 第二巻 『マインドフルネスの原点』が重版になり、第2刷になりました。読んでいただけて、よかったです。心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

2019-02-11

『智慧への道』気づきと正知による心の観察


【新刊のお知らせ】

智慧はどのように現れ、私たちを覚りに導くのでしょうか?

アチャン・チャー法話集 第三巻『智慧への道――気づきと正知による心の観察』が刊行されます。

智慧と思考の関係は? 正見とは? 無執着とは? など、第三巻には "智慧" に関する法話が収められています。よろしければ、ぜひその智慧に触れてみてください。



アチャン・チャー法話集 第三巻『智慧への道―気づきと正知による心の観察』アチャン・チャー著、出村佳子訳
アチャン・チャー法話集 第三巻
『智慧への道――気づきと正知による心の観察』


1970 年代から80 年代初頭にかけて、アチャン・チャーが、タイやイギリスの出家者・在家者に語った法話の中から、珠玉の16 法話を収録。
20 世紀を代表するタイ森林派の名僧は、出会った人々の心に寄り添い、その瞬間ごとにダンマを説かれてきました。
ものごとをあるがままに見ること、そして、無執着の実践をくり返し強調し、苦しみを滅する道を指し示してきた賢者の智慧に触れる一冊

目 

23 「観察」とは何か?
24 ダンマの性質
25 コブラを扱うように
26  心の「中道」
27 やすらぎを超えて
28 「世俗」と「解脱」
29 変わらないものはない
30 正見――落ち着きの場
31 本当の家
32 四聖諦―四つの聖なる真理
33 「トゥッチョー・ポーティラ」中身のない長老
34 聖者の基準―「確かなものはない」
35 静かに流れゆく川
36 超越
37 「無条件」へ
38  エピローグ
用語解説、注、出典、訳者あとがき
***

『アチャン・チャー法話集』全3巻をすべて訳し終えられたことに、いま、ほっとしております。肩の荷がおりました。
2008年、月間機関誌『パティパダー』にて『生きた仏教』(法話集の中の一つ)のタイトルで翻訳の連載を始め、その後、出版社より翻訳出版のお話をいただきました。
全体でかれこれ10年以上、アチャン・チャーの法話に触れてきたことになります。
このように続けてこられたのも、読んでくださる皆さまの、あたたかいお声かけと励ましがあったからこそです。
この場を借りて、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございます。



生きとし生けるものが幸せでありますように

2018-12-19

【重版】ありがとうございます

『親と子どものためのマインドフルネス』の重版が届きました。