2015-08-22

親と子どものためのマインドフルネス

マサチューセッツ大学医学部名誉教授

ジョン・カバットジン「はじめに」より


『親と子どものためのマインドフルネス』エリーン・スネル著、出村佳子訳
親と子どものための
マインドフルネス


☆マインドフルネスは、私たちに本来そなわっている能力のひとつです。トレーニングを重ねるなかで、こつこつ育て、深めていくものです。種を植え、水をやり、しっかり育てるものなのです。そのようにしていると、種が根づき、こころという土壌のなかで、明るく、役に立つよう、創造的に育っていきます。やがて、花ひらき、実を結ぶでしょう。

こうしたことはすべて、「注意を向ける」ことと「いまここにいる」ことから始まるのです。

マインドフルネスのトレーニングをすることで、「いまここに、しっかりとこころを向ける」ことが身につきます。

本書と、付属CDのエクササイズには、子どもと、子どもに関わる大人を対象に、わかりやすく、遊びの感覚で楽しめるよう、マインドフルネスの基本が紹介されています。

子どもが「いま」にいられるよう――あたまと、こころと、からだが「いまここ」にいられるように――育て、導いていきます……


『親と子どものためのマインドフルネス』エリーン・スネル著、出村佳子訳
親と子どものためのマインドフルネス
「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる
(マインドフルネス・エクササイズCD付)


Sabbe sattā bhavantu sukhitattā