2018-01-07

親と子どものためのマインドフルネスとは?

キーワードは「いまにいる」「理解する」「受け入れる」親と子どものためのマインドフルネスとは?


キーワードは「いまにいる」「理解する」「受け入れる」。親と子どものためのマインドフルネスとは?

この小さな本には、子どもと大人が、不安やあせり、いらだち、恐怖をやわらげ、気持ちをスーッと落ち着かせるのに役立つ、シンプル子育ての秘訣とマインドフルネスのアイデアがたくさんつまっています。
(「まえがき」より)

これは、『親と子どものためのマインドフルネス』(エリーン・スネル、ジョン・カバットジン著、出村佳子訳、サンカ)冒頭に書かれているフレーズ。なおマインドフルネスをご存知の方は多いと思いますが、本書ではそれを次のように定義づけています。


マインドフルネスとは、ひとことでいうと、よいとか悪いという価値判断を入れずに「いまここ」に意識を向け、ありのままに気づくことです。(中略)人生では、さまざまな波が起こってきます。私たちは波を操作することも、止めることもできません。でも、波に乗ることはできます。
絶えず変化しつづける人生の波にうまく乗り、「いまここ」に生きるコツが、このマインドフルネスにあります。気持ちの波をあるがままに、やさしく見つめることで、事実や状況に基づくよい選択をし、よい生き方ができるようになるのです。
(「まえがき」より)

このような考え方を軸に、「親と子ども」という観点からマインドフルネスを考える本書のなかから、マインドフルな状態で子育てする方法を紹介した2章「ありのままに向き合う」を見てみることにしましょう。

***

著者も認めているように、子育ては大変なこと。でも、そこにマインドフルネスの発想を盛り込んでみれば、たしかに気持ちは変化しそうです。親子で楽しめるマインドフルネス・エクササイズのCDも付嘱した本書を活用してみれば、子育てのストレスが減っていくかもしれません。
印南敦史氏

**********


『親と子どものためのマインドフルネス』

1日3分!「くらべない子育て」でクリエイティブな脳とこころを育てる
(気持ちがスーっと落ち着くマインドフルネス・エクササイズCD付)



エリーン・スネル 著(Eline Snell/ Jon Kabat-Zinn)
出村 佳子 訳(Yoshiko Demura)
(サンガ)