2015-03-26

Patipada誌4月号


 
 『Patipada』(パティパダー)
 日本テーラワーダ仏教協会刊
 2015年4月号 vol.21 〔通
 no.242〕 連載 『感 覚』 より

からだのどこかが痛いとしましょう。

このとき静かに座り、
目を閉じて、
心配することも、
不安になることもなく、
その痛みだけに
ただ気づきながら観察します。

しばらくすると、
痛みが小さくなっていることに
気づくでしょう。

反対に、心配するなら、
痛みにたいして、
緊張やプレッシャーを加えていることになりますから、
結果として、痛みを悪化させてしまうかもしれません。

痛みというひとつの感覚だけでなく、
さらにもうひとつの感覚
――心配―― 
を加えたからです。


Patipada』(パティパダー) 4月号、連載 『感覚』より

バンテ・H・グナラタナ著 
出村佳子訳