2011-12-10

預流果に覚る条件(6)


マハーナーマ経


 多くの方が仏法僧を信じていますし、戒律も守っています。でも「あなたの信は確かですか? 揺らがないですか?」と聞くと、「私はちょっと自信がありません……」と言う人がほとんどです。

 もし、いかなる場合でも「私の仏法僧にたいする信は変わらない」という自信があり、「誰に、どんなに誘惑されても、私は戒律を破りません」という決意があるなら、預流果です。
 この「破るはずがない」という堅固な信、それがあれば預流果なのです。
 「状況によって、どうするかわかりません。破るかもしれません……」というのは、なさけない生き方です。「今日は嘘をつきませんが、明日はわかりません。時と場合によって嘘をつくこともあります……」と言うならば、人格的にはまだまだしっかりしてないということです。
 人格者というのは「破りません」と、はっきり決まっているのです。

 預流果に覚っているなら、「仏法僧にたいする信」が揺らぐはずがありません。戒律に関しても、誰に何を言われても、「絶対に破りません」という堂々たる態度です。恐い上司に脅されても、「私はやりません」と、はっきりしています。
 では、殺されそうになったら?
 冗談じゃない。たとえ自分が殺されそうなっても、戒律を破ることはありません。そのぐらい堅固な確信があり、そのように生きているなら、預流果の境地なのです。

 預流果に覚ったら、解脱は確定です。堕落することはありません。地獄に落ちることも決してないのです。
 天界など幸福な次元に生まれ変わるのですが、どこに生まれ変わっても解脱の方へ引かれ、解脱の方へ進んでいきます。ですから、仏教徒は誰でも「預流果に覚ること」を目指して頑張るのです。
 
 (続きます)
預流果に覚る条件
スマナサーラ長老法話
編集/文責:出村佳子