2019-01-07

善友②


善友①からの続き






A:回 答 ―― グナラタナ長老



「善友」とは、心が慈悲で満たされ、あなたの精神的な成長を助けてくれる人のことです。

ここでいう「精神的な成長」とは、やすらぎと調和のなかで心を育てる、ということです。善友は、あなたが心を育てられるよう、さまざまなやり方協力してくれるのです。






「善友」は、先生だったり、親戚だったり、善き友人だったりします。彼らは見返りを求めずに、進んであなたをサポートしてくれるでしょう。「心を育てたい」というあなたの気持ちと意欲を理解して、自分の時間を割いてでも、あなたが穏やかで幸せになれるよう、協力してくれるのです。

善友は、大きな忍耐と献身をもって力を尽くしてくれます。いつでも話を聞いてくれたり、助言を与えたりしてくれます。あなたが怠けないかぎり、背をそむけることはしないでしょう。

善友は優れた聞き手であり、優れた指導者でもあります。あなたの幸せを壊すような方向には、けっして導きません。現在も、将来にわたっても、苦しみをもたらす悪行為をすすめることは、けっしてしないのです。

「善友」と「先生」のあいだに、大きな差はありません。善友は、先生でもあります。精神的な成長においては、ひとりで両方の役割を果たすのです。

精進する人にとって、解脱に達するまで善友はなくてはならない存在です。

善友は、あなたが精進しているかぎり、見離すことはありません。「私は苦しみを滅しました。あなたはひとりで頑張ってください。さようなら」とは言いません。

そうではなく、「手助けが必要なときは、いつでも来てください。質問があれば、いつでもしてください。何か問題があったときは、私がいますからね。ひとりだと思わないでください。私はここにいますから」などと言います。このように、善友は安心感を与えてくれるのです。
 
あなたは、「自分の心の成長に協力し、注意を払ってくれる人がいる」と感じるでしょう。精進しているかぎり、善友はあなたを無視しません。いつでもあなたを正しい方向に導いてくれるでしょう。

『善友②』
グナラタナ長老
(パティパダ―「仏教Q&A⑨」より)