2018-10-03

【Q&A】ブッダの教えとは?①


グナラタナ長老への質問



Q:質問


なぜ私たちは「気づき(マインドフルネス)の実践」をし、さらに「ブッダの教えを学ぶ」べきなのでしょうか? 

現実の本質や存在の問題について語っている哲学などとブッダの教えは、どのように異なるのでしょうか?



グナラタナ長老〔著〕/出村佳子〔訳〕




A:回答ーグナラタナ長老



ブッダの教えと、哲学的な思想とのあいだには大きな差があります。ブッダの教えは知識や知的好奇心を満たすために学ぶ哲学や思想とは異なるのです。



ブッダは生と死のくり返し、つまり輪廻転生を乗り越える方法を発見し、人々に教えられました。



ご自身が輪廻転生を限りなく繰り返した後、ついにこの輪廻の苦しみを解決する道を見いだしたのです。

その道は、推論的な方法ではなく、実用的で現実的、具体的な実践法です。



まず、ブッダが教えた戒律は、心を訓練し、人生をシンプルにし、覚りの道へと導くための体系的な訓練です。

これは、人が世の中で幸せに生きるための明確なガイドラインになります。



また、私たちが「心が実際どのように働くのか」ということを観察できるよう、導いてくれます。これは単に知的に面白いとか刺激的といったものではありません。



ッダの教えは私たちに、悩み苦しみを引き起こす心と行動の悪い癖をやめるよう、その手段を与えてくれます。つまり、それは単なる思想や洞察ではなく、解脱と覚りへ導く完成された教えなのです。


(続きます)

バンテ・グナラタナ(グナラタナ長老)
『仏教Q&A』(パティパダー10月号)